次世代海洋資源調査技術研究組合(J-MARES)は、石油資源開発株式会社、株式会社地球科学総合研究所、いであ株式会社、三菱マテリアルテクノ株式会社の4社からなる、海洋資源調査システム・運用手法・環境評価手法の技術確立に関する研究開発を目的とした技術研究組合です。2014年の組合設立当初より、内閣府SIP(戦略的イノベーションプログラム)第1期海洋課題「次世代海洋資源調査技術」に実施機関として参画し、熱水鉱床を対象とした深海鉱物資源調査の技術開発を進め、2018年からはSIP第2期海洋課題「革新的深海資源調査技術」に唯一の民間実施機関として参画し、南鳥島周辺EEZ海域に賦存するレアアース泥を対象とした技術開発を継続してきました。